子どもの居場所を確認できる見守りデバイス6選

「ママ、ママ」といつでも一緒だった時期を過ぎ、ひとりで外出できるようになったお子さま。

成長はとてもうれしいことですが、物騒なニュースも多いので不安もありますよね……。

日本で行方不明になる9歳以下の子どもは、年間900人以上にもおよびます。(警視庁生活安全局「平成27年中における行方不明者の状況」のデータより)

そこでお子さまの安全を守るためにおすすめしたいのが、「見守りデバイス」。

「見守りデバイス」を使えば、遠くにいてもお子さまの居場所を確認できます!

子どもは好奇心が旺盛だからこそ、危険といつも紙一重。

手は離しても目は離さず、遠くからいつでもお子さまを見守ってあげてくださいね。

oranome  soranome(ソラノメ)

小さなサイズの「soranome」は、ポケットに入れることはもちろん、ランドセルやカバンにつけることもできます。39gと軽いので、キーホルダーとして気軽に持ち運べますね。

「soranome」はスマホに対応しているので、お手持ちのスマホがあれば、お子さまがどこにいても確認できます。

お子さまが無事に帰宅するまではソワソワしてしまいますが、「soranome」があればお子さまの現在地がすぐに判明。アプリに移動履歴もしっかり記録し、指定したエリアから出たときもすぐに教えてくれるので、思わぬトラブル防止にも役立ちます。

万が一のときには、「soranome」についているSOSボタンを押せば、スマホに通知が届きます。

コロンと可愛い四角形のボディーに、やさしいパステルカラー。

スマホ1台で家族4人まで見守れるので、ぜひご家族の人数分そろえてみてください。

出典元:株式会社グローバルコネクション

oranome  soranome(ソラノメ)

FUJITSU キッズケータイ F-03J

「キッズケータイ」は、手のひらにおさまるかわいい携帯電話です。

あざやかでシンプルなデザインは、お子さまの携帯デビューにぴったり。

「キッズケータイ」には「イマドコサーチ」機能がついています。

GPSで、スマホアプリだけではなく、パソコンからもお子さまの居場所がすぐにわかって安心!

しかもパパママが位置を知るだけではなく、お子さま自身が現在地を教えることもできます。新しいお友達の家にひとりで遊びに出かけたときや、慣れない土地にいるときなど、シーンに応じて様々な使い方ができますね。

また、待ち受け画面は時計表示で、登録した相手には電話やメールを送ることもできます。「一般的な携帯電話と同じ機能?」と感じるかもしれませんが、インターネットやゲームはできない仕様です。子どもがインターネットトラブルに巻き込まれる事例は多いので、セキュリティ面も安心ですね。

万が一のときには、防犯ブザーとしても使えます!

「キッズケータイ」を活用して、お子さまの安全を守ってあげましょう。

出典元:富士通クライアントコンピューティング株式会社

FUJITSU キッズケータイ F-03J

マチコミ みもりGPS

「みもりGPS」の大きな特徴は、日本最大級の不審者情報システムと連携していること。

全国の不審者情報が送られる「日本不審者情報センター」や、月額無料の不審者情報システム「マチコミ」の情報から、不審者が目撃されたエリアに立ち入ったときには音声で警告してくれます。

保護者がスマホで位置を知ることもできますし、お子さまから現在地を通知することもできます。ボタンひとつでスマホに届くので、「今から帰宅するよ」などの合図に使うのも良いですね。

他にも、交通事故が多いエリアや土砂崩れの危険があるエリアなど、お子さまの現在地ごとに警告。他のことに集中したり慣れない道だったりすると事故が起きやすいですが、事前に警告してくれれば「安全」に意識を向けることができますね。

出典元:ドリームエリア株式会社

マチコミ みもりGPS

AUTHENTIC JAPAN COCO KIDS

最新テクノロジーを搭載した見守りグッズ、それが「COCO KIDS」です。

GPSが届かない場所にいても、電波で探知します。

この電波捜索技術は、警察や自衛隊、消防などでも人命救助として使われているほどの本格派。

「いつのまにかいない!GPSも使えない!」というお困り事を、瞬時に解決するアイテムです。

保護者が親機、お子さまは子機を持ちます。

親機と子機が指定された範囲よりも離れると、アラームでお知らせ。

ショッピングモールなど人が多い場所では、「子どもがどこかに行ったらどうしよう」とハラハラすることもあるでしょう。

しかし「COCO KIDS」が代わりに見守ってくれるので、くつろいで過ごせます。

トイレや柱の影にいても、すぐに探知。子機が近くなったら「発見しました!」と教えてくれますよ。

通学用のデバイスと比較すると、こちらは「一緒にいる」ことが前提のデバイスといえます。

通学用のデバイスとは別に、休日にお子さまとお出かけをするときには「COCO KIDS」を持っていくなどシーンに応じて使い分けてみてくださいね。

出典元:AUTHENTIC JAPAN株式会社

AUTHENTIC JAPAN COCO KIDS

Bsize GPS BoT

「GPS BoT」は、AI学習機能を搭載した見守りグッズです。

使うたびにお子さまの行動範囲を学習し、1か月が経過するころには、普段と違う行動ルートをたどったら自動で通知してくれます。購入後も、ソフトウエアが自動でアップデート。常に最新のシステムでお子さまを見守れます。

ボタンもブザーもなく、GPS機能に特化。

いたずらや誤操作の心配がないので、小さなお子さまにも気軽に持たせられますね。

また、元気なお子さまの行動に対応できるよう、耐水、耐衝撃、防塵の3つの機能がそなわっています。落としても濡らしても安心の仕様は助かりますね!

シンプルな機能が魅力の「GPS BoT」。

小さなお子様のGPSデビューにおすすめのデバイスですよ。

出典元:ビーサイズ株式会社

Bsize GPS BoT

まとめ

子どもは好奇心が旺盛なので、大人が予想もつかない行動をとるもの。

いつもの通学ルートも寄り道をしてしまう可能性がゼロではありませんし、連れ去りなどの事件も後を絶ちません。

ご紹介したデバイスはどれも軽量で小型なので、ポケットに入れて、かばんに入れて……など持たせ方も様々。

アプリと連動したGPSのデバイスで、お子さまの安全を守ってあげてくださいね。

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る