スイミングを始めるタイミングはいつがいい?スクールの選び方は?水泳が選ばれる意外な理由

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

小さい子どもに人気の習い事といえば、スイミング。周りでも習っている子が多いですよね。でも、どうしてスイミングがそれほど人気なのでしょうか?体験談やアンケートも参考にしながらまとめてみました。

幼稚園児の習い事第1位…スイミング、なぜ人気?

スイミングはどうして人気なのでしょうか。まずは人気度を詳しく調べてみましたが、特に男の子のスポーツ系の習い事として、トップがスイミングでした。女の子のスポーツ系の習い事としても第2位につけているなど、人気の高さは他のスポーツ系の習い事と比較してもダントツです。

子どもにスイミングを習わせ始めたきっかけとしては、周りの子が習っていて自分もやってみたかったから、という子もいるのですが、ほとんどは「親の意向」であることが分かっています。スイミングスクールは日本全国どこでもありますし、室内なので天候に振り回されることもありません。また、始めるにあたって必要な道具が水着とスイムキャップくらいなので、親の負担が少ないというのもとても大きいです。すでに子どものお友だちやママ友の子どもがスイミングを習い始めていて、周りから入会を勧められるということもあるかもしれません。

スイミングを習うメリット

もちろん、親の負担が少ないというだけではなく、スイミングを習うメリットはたくさんあります。

一番は、何と言っても泳ぎが上達すること。個人差はありますが、泳ぎが上達することで水への恐怖がやわらぎ、お風呂のシャワーすら苦手だった子どもが水への恐怖を克服したという例もありました。

体力がつくことも、スイミングを習うと得られる大きなメリットです。水の抵抗があるので、ほかの運動と比べても効率的に筋肉の発達が望めます。筋力トレーニングにも効果がある水泳ですが、有酸素運動の要素もあるので、短時間でたくさんの運動量を稼ぐことができます。腕や脚も左右同じ力で動かすスポーツなので、どちらかに力が偏ることがないのも魅力。バランスよく筋力を使うので、関節未発達の小さい子どもも安心です。

また、プールはホコリが少ないので、ぜんそくの発作が起こりにくい環境というのも、小さい子どもが始めやすいポイントです。小児ぜんそくなど呼吸器系の疾患を持つ子も安心してできる運動ということで、病院の医師から体力づくりの一環としてスイミング通いを勧められることがあるようです。

<参考記事>

さらに、ひたすらゴールに向かって泳ぐということで、集中力、空間認識能力、認知機能の向上なども期待できるようです。運動は脳の発達に大きな効果があると言われていますが、東京大学の学生にスイミングを習っていた経験を持つ人が多いという噂はよく聞きます。文武両道も目指せるスイミング。小学生や中学生になっても継続しやすい習い事でもあるようです。「これまで一番長く続いた(続いている)習い事は何ですか?」というアンケートで第1位は「サッカー」でしたが、「スイミング」がなんと僅差で第2位に。第3位には「ピアノ」が続いています。継続は力なりと言いますが、長く続けられるほど魅力がある習い事なのかもしれません。

何歳から始めるのがベスト?

スイミングを習い始めるのにベストな年齢、時期はあるのでしょうか?

ある調査で、スイミングを習い始めた年齢の平均は5.6歳であるというデータがありました。これは、あらゆる習い事を始める年齢の平均と同じくらいです。つまり、多くの子どもが初めての習い事としてスイミングを選んでいるということです。

脳神経科学の視点から見て、神経の発達は4歳で約8割が完成するということもあり、4歳までにスイミングを始めると運動神経が良くなることにつながると言われているのだそうです。しかし、運動神経の発達を効果的に促すという目的であれば、スイミングだけではなく、そのほかの競技にも共通することかもしれません。

子どもが4歳をすでに過ぎているから、運動神経はもう良くならないということではないので、落胆しないでください。水泳のオリンピック金メダリストの中にも、水泳を始めたのが4歳以上という人も多数います。しかし、子どもが水泳に興味がなく、やりたがっていないのに無理やりやらせるのは本末転倒と言えるでしょう。子どもにとってストレスが大きいですし、好きではない事を一生懸命やっても上達はしません。

たしかに水泳は他のスポーツと違って、まだ歩き始める前でも始められるスポーツ。始めようと思えば、首が据わり始めた頃から始められます。その点では、0歳から始められるスイミングが、運動神経を伸ばすために有効な習い事であるということは言えるでしょう。

スイミングスクールに入会後の流れ

幼稚園児など、小さい子どもは水泳をやったことが全くないことがほとんどだと思います。

スイミングスクールに入会したらどんなレッスンを受けられるのかを、年代別にまとめました。スイミングスクールによって多少差異はあるかもしれませんが、イメージづくりの参考にしてみてください。

0歳~3歳児対象は「ベビースイミング」

水に対する抵抗が少ないので、乳児期にスイミングを開始する人も多いようです。この時期の「ベビースイミング」は、ママと一緒に受講するのが一般的です。泳ぐというより、親子で楽しみながら水と触れ合うという感覚。ママの産後ダイエットにも有効ということもあり、0歳児からのベビースイミング教室は人気です。

3~6歳児対象の「幼児スイミング」

この時期からは、ママと離れてレッスンが行われます。初心者の場合は、まず水に慣れることからスタート。プールの中に落ちているおもちゃを拾ったり、ごっこ遊びやゲームをして遊んだりする中で、自然と水に慣れることができます。ここでは、遊びながら水泳の基本を身に着けることが目的なので、クロールやバタフライなどの競泳科目を習うことはないようです。

4歳以上中学生くらいまでの「ジュニアクラス」

水への恐怖もなく、楽しくプールで動けるようになれば、飛び込みやビート板を使った簡単な泳ぎの習得がスタートします。少しもぐって息を止める練習をするなど呼吸動作を繰り返し、息継ぎの基本を習得。その後、立ち飛び込み、伏浮身姿勢と、水泳の基本を少しずつ身に着けていき、クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライなどの泳法、ターンなどのテクニックを習得する段階に入っていきます。

スイミングスクールでは、水泳の基本動作を細かく段階分けされた昇級制度があります。一段階ずつきちんと習得しながらレベルアップを目指せるので、子どもも目標を持って努力しやすいのが特徴です。子どものがんばる心や自信を育てながら、社会性を身に着けることもできます。

大会出場を目指す「選手クラス」

ジュニアクラスの階級を制覇した子は、大会出場を目ざす「選手クラス」へ進級します。プロの競泳コーチ指導のもとで、競泳アスリートとして大会で勝てる水泳を習います。スイミングスクールの枠を超えた選手同士の交流もできるので、子どもの世界もぐんと広がります。

スイミングスクールの選び方

スイミングって魅力的!と感じたら、次はスイミングスクール選びに入りましょう。さまざまな特徴を持ったスイミングスクールがありますので、特徴やサービスの有無を見て、子どもに合ったスイミングスクールを選ぶようにしてくださいね。

通いやすさで選ぶ

スイミングスクールが自宅から近い場所にあるか、または通いやすい場所にあるかは、重要なポイントのひとつです。また、街でスイミングスクールの送迎バスを見かけたことがあるかと思いますが、スイミングスクールは、送迎バスのサービスがある場合が多いので、自宅から少し距離があるスイミングスクールでも、送迎バスがあれば通いに苦労することはありません。送迎バスがあれば、スイミングスクールの送迎のためにママがスケジュール調整をしなくても良いので、送迎バスの有無もスイミングスクール選びを左右するポイントと言えます。

料金や時間帯で選ぶ

レッスンの曜日や時間帯によっても、通える通えないの差が出てきます。平日、幼稚園や学校が終わってからレッスンが組まれていると通うのが難しい…ということもありますよね。土日しか通えない、逆に、平日しか通えないなど、自分のスケジュールに合ったレッスンスケジュールが組まれたスイミングスクールを選ぶ必要があります。

また、レッスン料金も大きなポイントです。無理なくスイミングを楽しめるよう、予算に合ったレッスン、カリキュラムを選びましょう。

レッスン内容、施設の環境で選ぶ

クラス人数、コーチの教育方針など、レッスンの要素が子どもに合っているかも、スイミングスクール選びのポイントとしては無視できません。自分がやりたいことや求める雰囲気をイメージもちつつ、スイミングスクールを探しましょう。また、施設の大きさ、設備の充実度合いもチェックが必要。楽しみながら通うため、施設やレッスンの見学には足を運ぶようにしましょう。

まとめ

小さい子どもだけではなく、あらゆる年代が通っているスイミングスクール。インターネットを検索しても、ホームページなどで色々特色を調べることもできると思いますが、実際は体験教室に行って、レッスンを一度体験してみるのが一番です。初めてのことはなかなか勇気が要るものですが…まずは同じクラスのお友だちが通っているスクールの体験からチャレンジしてみると良いかもしれませんね!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー
  •      
ページ上部へ戻る