赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児はなかなか笑わないのはどうして?赤ちゃんの笑顔について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

子どもの笑顔を見ると辛いことや大変なことも忘れられるという、ママやパパは多いと思います。天使の笑顔とも呼ばれる赤ちゃんの笑顔ですが、赤ちゃんが笑い始める時期についてはあまり詳しく知らないこともあるのではないでしょうか。今回は、月齢別でみられる赤ちゃんの笑顔に関することをいろいろとまとめます。

生後1か月前後までの赤ちゃんの「新生児微笑」について

赤ちゃんはいつから笑顔を見せ始めるのでしょうか? 思い返してみたとき、赤ちゃんが生まれてまもなく~生後1か月前後のころ、授乳をしているときや寝かしつけをしているときに、目を閉じながらにっこり微笑むところを見ることがあったと思います。生まれたばかりの新生児期にみられるこの現象は、「新生児微笑」と呼ばれていて、別名褜(えな)笑い、または天使の微笑みとも呼ばれることもあります。新生児が微笑む顔は、親にとってもひと際感慨深いものです。特に、初めての子どもの場合はこの上ない感動の場面でもあります。

新生児微笑がなぜ起きるのかというメカニズムについても少し説明します。新生児微笑は授乳時や眠りに入るときが多いようだと先ほど説明しましたが、新生児微笑がみられるのは眠りの浅いレム睡眠時で、赤ちゃんが微笑むのは夢を見ているからではないかと言われています。赤ちゃんはレム睡眠状態の時間が非常に多く、眠りながら泣いているところもよく見かけますが、この現象と同じように、眠りながら笑っている現象も起きていると考えられます。もしかしたら、赤ちゃんが夢で見ながら感情を表現しているのかもしれないですね。

新生児微笑が起こる理由には、他にも説があります。「不随意運動」という、感情や意志ではなく、反射的に起こっている生理的な現象によるものという説です。不随意運動とは、自分の意志とは関係なく、体が勝手に動いてしまうことをいいます。例えば、あおむけ状態のときに赤ちゃんが「落ちる!」と感じたとき、とっさに両腕を上げ、脚を伸ばす「モロー反射」という現象があります。モロー反射は赤ちゃんが意識して起こしている動作ではなく、脳神経の働きによって体が自動的に動く現象で、原始反射と呼ばれます。モロー反射のように、生まれたばかりの赤ちゃんはいろいろな原始反射を持っており、また、原始反射は成長とともに消失していくものでもあります。

新生児微笑が起こるのもこの原始反射では?というのが、不随意運動による笑顔説です。授乳で満腹になったことを胃腸の迷走神経が脳幹に満腹を伝えた時、顔面の筋肉が引きつられるのですが、このときの引きつりが笑顔に見えるということです。こちらの説は小児科医が医学的・科学的に唱えている説なので、かなり信ぴょう性があると言えます。

そのほか、親の庇護が必要な新生児が、親が自分の世話をしてくれるように笑顔を使ってお願いしている、という説もあります。人間が生きていくための知恵ともいえるかもしれませんが、夢を見て感情が出ている説以外の2つは、少し意外というか、夢がなくて残念、という印象です。しかし、新生児微笑は生後6週間もすればなかなか見られなくなるので、その時期限定で見られる姿ということで、それはそれで愛おしい姿でもあります。

生後2か月目からみられる笑顔は「社会的微笑」

生後まもなく~生後6週目くらいまでに見られる赤ちゃんの笑顔は、寝ているときや授乳中でウトウトしているレム睡眠時に、感情とは関係なく起きている顔の筋肉の引きつりであり、要するに生理的現象であるとのことでした。しかし、生後2か月後くらいからは、起きている状態のときにママやパパの顔を見てにっこりと笑顔を見せることが増えてきます。こちらは、反射神経からの笑顔ではなく、相手の顔に反応して見せている笑顔です。つまり、笑いかけたり話しかけたりしてくる相手に対する反応です。笑顔に対して笑顔で返すミラーニューロンと呼ばれる真似事で、れっきとした赤ちゃんによる自発的な行動です。ただ、生後2か月~3か月くらいの赤ちゃんだと、まだ見えている顔がママなのかパパなのか、おばあちゃんなのか他人なのかは区別できているわけではないようです。ママの顔、パパの顔、他の人の顔、というのが区別できるようになるのはまだ数ヶ月先。それでも、目を見て積極的に話しかけること、抱っこをするなどのスキンシップをとることは、赤ちゃんにとって良い刺激になって、表情の豊かさをつくることにつながります。良い刺激を与えることで、笑顔を見せてくれるようになり、幸せを感じることも増えますので、赤ちゃんへの話しかけやスキンシップは、意識してやってみてください。

生後6か月ころから見せる、選択的微笑

生後2~3か月頃から見せてくれる社会的微笑は、比較的パパママ以外の誰にでも見せてくれる笑顔なのですが、生後6か月くらいになると、愛着のある人以外には笑顔を見せなくなってきます。これを、選択的微笑と呼んでいるようです。

選択的微笑が始まるということは、人見知りも始まってしまうということです。パパママには心を開き、安心して笑顔になるものの、あまり接することが少ない人や初対面の人に対しては緊張してしまい、中には泣き出してしまう赤ちゃんも出てくるのです。

選択的微笑をするようになる生後6か月くらいになると、ほとんどの赤ちゃんは首すわりが完了し、体つきもしっかりし始めます。声もよく通るようになるので、これまでは発声が難しかった笑い声もしっかり出てくるようになります。また、よく笑うことにより赤ちゃんの舌や喉が鍛えられ、その後ことばを発声するときにも影響するようです。

選択的微笑ができるようになる生後6か月くらいになると、赤ちゃんは、パパママの笑顔から「愛している」というメッセージを受け取るようになります。赤ちゃんは選択的微笑によって、パパママからのメッセージを、同じように笑顔で返答しているのかもしれません。パパママの笑顔をたくさん見た赤ちゃんは、「自分は愛されている」という自尊感情が育まれるといわれています。さらに笑顔や笑いで免疫力が上がるという話も聞いたことがあると思います。心身の健康を作る、笑顔の力。赤ちゃんとの笑顔のやりとりは、意識しておこなっていきたいですね。

赤ちゃんがあまり笑わない!どうして?

生後2か月を過ぎても、新生児微笑も社会的微笑もない場合、「周りの子は笑顔を見せるのに…」などと思って、心配になるかもしれません。「もしかして、自閉症などの発達障害かも…」という不安がよぎることもあるでしょう。しかし、あまり心配しすぎるのも禁物です。

笑顔を見せない=自閉症スペクトラムである、というふうには、実際に結びつかないこともあるので、自己判断は禁物です。生後間もない赤ちゃんが発達障害であるかというのは、誰にも判断できません。そもそも、人と比べると不安になるのは当然なことなので、周りの子どもと発達具合を比べるのことはやめましょう。心配のしすぎというのは、それはそれで赤ちゃんは不安になるものです。赤ちゃんの発育について過度に心配しすぎたりすると、赤ちゃんが察して笑顔になれなくなるかもしれません。「サイレントベビー」という、笑ったり泣いたりすることがほとんどない赤ちゃんがいるのは確かです。サイレントベビーは、親が赤ちゃんに笑顔を見せなかったり、赤ちゃんが泣いたときよく叱っていたり、親が赤ちゃんとのコミュニケーションに積極的ではない場合などにみられる症状です。親が一生懸命育児をしていても、思い通りにならない育児でストレスが溜まってイライラしていると、赤ちゃんは泣いたり笑ったりという感情表現をしなくなってしまうこともあるようです。

子どもというのは、ママの心の状態に敏感になるもの。ママが心からの笑顔を見せてくれれば、赤ちゃんもきっと笑顔になります。疲れているときは無理をせず、赤ちゃんのお世話を誰かにお願いし、休息時間の確保に取り組むことも大切。また、子育てがうまくいかないときなども、うまくいかないのを自分や周りのせいにするのはやめましょう。

赤ちゃんのあやし方について

赤ちゃんを笑顔にする方法についても、少し説明します。

赤ちゃんの月齢別であやし方をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

生後3か月くらいまでのあやし方

生後3か月くらいまでの赤ちゃんには、首すわりがまだできないので、体を使った運動であやすことはできません。親が笑顔で話しかける、歌を歌う、という基本的なコミュニケーションのほか、やさしく服の上からおなかをマッサージしたり、胸の上に赤ちゃんを乗せて腹ばいをさせたり、あおむけに寝かせた赤ちゃんの足をバタバタさせて歩く真似をさせたりするあやし方をしてみましょう。

生後4か月~6か月くらいまでのあやし方

首すわりもしてきて、体を動かしながらのあやし方も取り入れてみましょう。腹ばいや寝返りをさせてみたり、たて抱きで軽いスクワットをしてあやしたりすると喜んでくれます。たて抱きであやすときは、激しく動くと「揺さぶられ症候群」になってしまうときがあるので、注意しながらおこなってくださいね。

生後7か月~9か月頃のあやし方

おすわりやハイハイができるようになる時期。ハイハイをする赤ちゃんをハイハイで追いかけたり、両足を開いて立って作ったトンネルをハイハイでくぐる遊びをしたりすると喜びます。

「いないいないばぁ」や「たかいたかい」で喜ぶのもこの時期です。

生後10か月~12か月頃のあやし方

伝い歩きやひとり歩きが始まる時期です。肩車や飛行機ブンブンなど、アクロバティックな遊びも可能になります。ボールや積み木なども楽しめるようになりますし、読み聞かせ、おもちゃの楽器など音が出るおもちゃも楽しめる時期に入ります。

まとめ

赤ちゃんが笑顔は、親にとって喜びですし、赤ちゃんの笑顔が元気の源になっているという人も多いと思います。生理的現象による笑顔が見られる新生児期、笑顔に対して笑顔で返す生後2か月以降、愛着のある人に対してしか見せない生後半年以降と、成長によって見せる笑顔の変化を楽しんでいってくださいね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る