おもちゃの断捨離について。増えすぎたおもちゃを処分したい!おもちゃの処分で気をつける事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

子どもが成長していくにつれ気づくことのひとつに、家の中の『モノ』がだいぶ増えたことがあると思います。増えてしまった物で特に多いのが、子どもの誕生日やクリスマスのプレゼントや、普段でもおねだりされるとついつい買ってあげてしまう『おもちゃ』ではありませんか?気がつけばおもちゃ箱に入りきらない量になってしまった…なんてことは、どんなおうちでもよくある話だと思います。飽きてもう遊ばなくなったおもちゃもあるから処分を考えているけど、なぜか捨てられないのが子どものおもちゃ。自分の物ならどんどん捨てられるのに…と、悩んでいるパパママのために、子どものおもちゃを上手に処分する方法をお伝え致します!

子どものおもちゃは勝手に捨てられない

子どものおもちゃが増えていく理由のひとつに、古いおもちゃでも子どもが時々遊ぶことがあるから捨てられない、ということがあります。もう古いから捨てよう、と子どもに相談しても、愛着があるおもちゃはなかなか捨てさせてくれません。だったら相談しないでこっそり捨てれば…なんて思ってしまうママもいると思いますが、実際にそんなことしていいのでしょうか?

結論から申し上げると、勝手におもちゃを捨てるというのはあまり良い方法ではありません。確かに、子どももおもちゃを勝手に捨てられたことに気づかないこともありますが、もし気づいてしまったら大変です。ママも、もし自分のモノを承諾なしに勝手に捨てられたらどうでしょうか?たとえ大切にしていなかった物でも、誰かが勝手に捨ててしまったとしたら、とても腹が立ちますよね。また、何度注意してもおもちゃを片付けなかったから、しつけのためにおもちゃを捨ててしまった、ということもあると思います。親にとってはしつけのつもりでした事でも、子どもからは「自分の物を勝手に捨てる人」というレッテルを貼られてしまうこともあります。これはけっこう根に持たれることもあるので注意が必要です。これをきっかけに不信感を持たれてしまい、ことあるごとに被害者意識で人を疑うなど、人を信用できない性格になってしまうこともあります。子ども自身がおもちゃの片づけをしなかったという経緯があったにせよ、「また勝手に捨てられる」という強迫観念を小さい頃に植え付けられた子どもは、どうしても何かあるごとに『他人のせい』にしがちになります。思考回路は一度できてしまうと変えるのは至難の業ですので、子どものおもちゃを勝手に捨てるのは避けておいた方が無難です。整理整頓をきちんとしていたのにも関わらずに勝手に捨てるなどは、もっと子どもの心を傷つけますので、注意してください。少なくても片づけのしつけのためにおもちゃを捨てるときは、捨てる前に「片づけしないなら捨てる」ということを、一言子どもに確認してから捨てるようにしましょう。

おもちゃ断捨離上手さんがしている事

勝手に捨てられない、子どものおもちゃ。苦労するおもちゃの断捨離ですが、これを難なく上手にこなしているおうちでは、どんな工夫をしているのでしょうか。いくつかコツがあるようなのでご紹介します。

おもちゃの収納を増やさない

おもちゃが増えるたび、新しいカラーボックスやクリアケースなども購入しているという方、ちょっと待ってください。それこそおもちゃがどんどん増えてしまう原因でもあります。おもちゃの断捨離が上手なおうちでは、『おもちゃの収納はカラーボックス2個まで』など、おもちゃはここに入る分しか買わない、もしくは、新しいのを買うなら古い物は何か捨てると決めているようです。捨てるおもちゃを決めるのは、もちろん子ども自身です。この方法は、子どもも断捨離スキルが付きますし、片付けのしつけにもなります。また、新しいおもちゃが欲しいと頻繁におねだりする子に対して、本当にそのおもちゃが欲しいのか確認できる方法としても有効かもしれません。何かを得るときは何かを失うものだ、という勉強にもなります。あれもこれも、という欲望に歯止めをかけるためにも、おもちゃを置くスペースは制限して、おもちゃの量を上手にコントロールしてくださいね。

使わなくなったおもちゃを一旦『隠す』

本当はもう捨てても良さそうな古いおもちゃや、飽きて遊ばなくなったおもちゃはすぐ捨てるのではなく、押し入れや物置に『隠してしまう』のもおすすめです。目につかなければ忘れてしまいます。子どもが「あのおもちゃは?」と、思い出したときは出してあげることもできますし、思い出すことなく月日が経った頃「これ捨てていい?」と聞くと、「いいよ」と、意外にあっさり承諾を得られることが多いもの。捨てる前にワンクッション置いて、という表現が近いかもしれません。ぜひ試してみてください。

子どもに「捨てなさい」と言わない

親から見ると古いおもちゃは、もう遊ばないから、使っていないから『要らない』と分類しているのかもしれませんが、子どもはそう言われると、反骨精神で「まだ使う」「まだ遊ぶから捨てない」という考えになることがあるので、おもちゃを「捨てなさい」と言うのは逆効果になります。

ファミレスやファーストフード店に行くのを控える

ファミレスやファーストフード店に行くと、無料でおもちゃをもらえる事があります。子どもは無料おもちゃをもらって喜んでいますが、これが家の物が増える原因になってしまっていることはありませんか?無料でもらったおもちゃを大切にする子もいますが、もらった瞬間だけ遊んで、あとは無関心になることも多いと思います。でも勝手に捨てられないし…ということになるので、そもそも捨てるおもちゃを増やさないために、無料でおもちゃがもらえるお店に極力足を運ばないことが良い対処法と言えるかもしれません。

おもちゃを捨てるときの注意点

基本的に燃えるごみ、燃えないごみ、リサイクルごみ、粗大ごみなど自治体のごみ分別のルールに従って分別して捨てて大丈夫ですが、名前や住所などの個人情報を書いている場合は、消してから捨てるようにしましょう。乾電池が入っているおもちゃは乾電池を抜いてからごみに捨てることをおすすめします。

ぬいぐるみやお人形などを捨てるのに抵抗があるという人もいると思います。そうゆうときは粗塩などでお清めをし、和紙や布で包んで燃えるごみに出すという方法もいいですし、神社でお焚き上げをしてくださいとお願いすれば引き受けてくれます。

捨てたいおもちゃが大量にある時、大型のおもちゃを捨てたい時には、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。分別する手間が省けるという点と、不用品として出したおもちゃをリユース品として再利用に回すことがあるため、環境にも優しいという点がメリットです。

まだ使えそうなおもちゃの処分方法は?

下にきょうだいがいる場合はおさがりで遊ばせることもできますが、きょうだいがいない場合は、リサイクルショップ、フリーマーケットで出品するという方法もおすすめです。高く買い取ってもらえれば臨時収入にもなりますし、何よりごみが減って環境にも優しい選択と言えます。小さいおもちゃや絵本などに関しては、出品作業、取引、発送作業が面倒でなければ、ネットオークション、フリマアプリに出品という方法もおすすめ。リサイクルショップに出す買取金額より、ネットで売った方が金額は高くなることが多いです。いずれも売るときは汚れを拭く、直せる箇所は直した方が金額は高くなりますので、ぜひ試してみてください。

一部の保育園、児童館、児童養護施設、海外の子どもたちにおもちゃを寄贈している支援団体等が、不要になったおもちゃの寄付を募っています。ごみに出すよりまた誰かに使ってもらった方がいいですし、何より、ごみ削減になります。興味がある人は「おもちゃ 寄付」で検索して、寄付を募っている施設や団体について詳しく調べてみてください。

また、おもちゃを売る、寄付するときも、極力子どもに承諾を得てからにしましょう。子どもも、自分が遊んだおもちゃがどこかで再利用されることが嬉しく感じて、おもちゃの断捨離を進んでしてくれるようになるかもしれません。

まとめ

おもちゃだけではなく、物に対して、「もったいない」と感じてしまい、物をなかなか捨てられないという人もいると思います。それで家中がおもちゃだらけになってしまって収集がつかない、という人は、やはり、クリスマスや誕生日以外におもちゃは買わないようにするとか、無料のおもちゃがもらえる飲食店にできるだけ行かないようにするという努力が必要かもしれません。その逆の、てきぱきと物を捨てられる人、物をあまり置きたくないタイプの人も、子どものおもちゃを好きなように処分できないことから、最初からおもちゃを増やさない努力をすることが必要と言えます。

欲しい物を気軽に手に入れることができる、物があふれる現代。たくさんのおもちゃを全部大切に使うよう子どもに教えるのはなかなか難しいことかもしれません。もしかしたら、買うより捨てる時の方が大変だということを上手に教えることができれば、本当に必要で大切なおもちゃを選ぶ力が育まれていくのではないでしょうか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る