YouTubeばかり観てるけど大丈夫?! 長時間視聴の悪影響は?保護者も注意が必要…子どものYouTube中毒を治す方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

小さい子どもから大人まで、幅広い世代が利用しているYouTube。好きな時に好きなコンテンツを利用できるということで、テレビを見る時間よりもYouTubeを見ている時間の方が長いという人も多くなりました。特に子どもは、人気ユーチューバーの番組やアニメ、教育系コンテンツを毎日のように視聴しています。楽しく番組を視聴しているのはいいのだけど、放っておくと止めるまで見続けているので、悪影響はないか心配になってきている、というパパママも増えています。

ぐずるとついつい許しちゃう…子どものYouTube視聴

テレビとは違い、曜日や時間も関係なく好きな番組を視聴できるので、現代の忙しいパパママにとってYouTubeは便利なツールですよね。スマホやタブレットなら好きな場所に持ち運びが自由ですし、いつでもどこでも見たい番組が見れるのがYouTubeの最大の良いところ。仕事から帰宅し夕飯づくりの間に見せるのはもちろん、病院の待ち時間、買い物帰りの移動時間など、子どもにじっとしていてもらいたい時はとても便利です。

子どもがゲームやYouTubeに夢中になっている間は、親は安心して用事を足すことができるので、最近見過ぎだと感じていながらも、ついついスマホを与えてしまいがち。忙しくてやむを得ず…というのが続いてしまっていると葛藤はありつつも、子どもが静かに座っていてくれる安心感が勝ってしまうんですよね。

YouTubeの見過ぎによる悪影響は?

パパやママが子どもの時を振り返ると、テレビの見過ぎやゲームのやり過ぎで親から注意された記憶があるかもしれません。そう、YouTubeが今のように視聴されていなかった頃、子ども達はテレビの教育番組やアニメ、ゲームに夢中でした。テレビを見ている時間は人とのコミュニケーションを取っていないことから、テレビの見過ぎは子どものコミュニケーション能力を低下させると言われ、テレビの見過ぎを注意されたものです。日本小児科学会からも、2歳以下の子どもにテレビやアニメのビデオを長時間(1時間以上)見せないように、という提言がありました。また、授乳中母親がテレビを見ながら母乳やミルクをあげることも、子どもとアイコンタクトが取れないと心配されていました。

長時間のテレビ・ビデオ視聴が問題視されていた理由には、子どもの言語発達の遅れが出るリスクが高まる事、親との会話不足によるコミュニケーション力低下の可能性が高まる事がありました。

そして今、YouTube動画の長時間視聴が子どものコミュニケーション力を低下させるというデータは見つかりませんが、YouTube動画にハマってしまうあまり、食事の時間になっても視聴をやめられない、小学生以上の子どもは宿題や勉強の後回しに繋がっているという悪影響が出ているという話をよく聞きます。好きな時に好きな番組を視聴できるYouTube、これは、テレビの見過ぎとは比べものにならないレベルかもしれません。

5時間続けて視聴していることも…もしかしてYouTube中毒?!

一度見始めると止まらなくなるYouTube。ついつい長時間見せてしまっていることも多いようです。YouTubeは、2歳、3歳くらいの小さい子でも、一人で操作ができるのが特徴でもあります。一番手がかかる時期に、見てるときに大人しくしていてくれるYouTubeは、特に、おじいちゃんおばあちゃんが同居していない共働き家庭にとって、最大の子守役だといえるでしょう。便利さのあまり、下手をすると、連続1時間以上、2時間続けて見続けていることがある家庭も少なくありません。中には、止めないと5時間続けてYouTube動画を見ているという子どももいるそうです。

YouTubeを見ていると、自分が好んで視聴しているジャンルなど、似ている動画がおすすめで出てくるため、次々と見たい動画が出てきて、視聴をやめるタイミングを逃してしまうことがありますよね。これが子どもだと、もっとやめるタイミングが分からなくなると思います。長時間YouTubeを見るのがやめられないというのは、YouTubeの仕組みに惑わされていることも大きいでしょう。一番は、YouTubeを見ていい時間は無限ではないことを、見る前にしっかり約束しておくことです。刷り込みになるかもしれませんが、1時間以上見続けるとやめるタイミングが分からなくなる、ということは最初に釘を刺しておいていいかもしれません。自律心を育てることにもつながりますし、ぜひ対策のひとつに入れてみてください。

ユーチューバーに憧れる子どもも急増中!

小学生男子の将来なりたい職業のトップ10にユーチューバー(YouTube動画に出演する人のこと)がランクインしていることは、今やみなさんご存じのことと思います。2020年度のとある調査では、教師や料理人を押さえてユーチューバーが第6位にランクインしています。たくさんの子どもが観ているYouTube。親世代が子どもの頃だったら、TVに出ている歌手やアイドルなどの芸能人がランクインしたところ。もはやその位置はユーチューバーに奪われてしまっている状況です。

子ども達は、テレビよりもYouTubeの方が身近に感じている様子です。スマホやタブレットも、すでに小学校低学年から所有している子どももいるなど、好きな時間に好きなコンテンツを視聴できるYouTubeは、子どもにとって空気のような存在になってきているのは明らかです。それと同時に、自らYouTube動画を制作してみたい、と考える子どもも増えているようです。

動画の投稿自体は楽しく、自分のやりたいことを表現するツールとして利用するのは良いと思います。しかし、社会経験のない子どもが自己判断で自由奔放に投稿するのを、保護者が管理しないのは無責任と言えるかもしれません。カンタンに、軽い気持ちでアップ(投稿)できるYouTube。子どもは視聴回数を増やしたいが為に、タブーを無視して動画を投稿してしまうこともありますので、動画投稿は保護者としてしっかり管理しましょう。特に注意すべきことは、個人情報が分かってしまう映像のチェックです。不特定多数の人が視聴しているということを、子ども達はあまり理解していないかもしれません。ユーチューバーは、一見して好きな事、楽しい事をしながら高い報酬を得られる職業と子ども達は憧れを抱いている場合があります。しかし、多くのファンがいるユーチューバーには、多くのアンチファンもいるという事。好きな事をして自己表現している人は、嫉妬されることも多いのです。人気ユーチューバーはたくさんの賞賛と共に、たくさんの誹謗中傷も受けている事も、子どもにしっかり説明しておきましょう。

自分ではやめられないYouTube中毒

特に、2020年春からのコロナ禍、休校などでYouTube三昧だった子どもは多いはず。それがクセになったのか、コロナ休校が終わってからも、長時間のYouTube視聴をやめられなくなっていることも多いようです。しかし、ステイホーム期間は仕方ないにしても、宿題や食事の時間を後回しにしてまで視聴をやめられないのは少し問題かもしれません。

本来このような状況になる前に、YouTube視聴の制限時間を設けるなどの対策を取る必要はあったのですが、今からでもYouTubeの見過ぎをやめさせることは可能です。

とはいえ、「もう見るのをやめなさい!」と叱るのは逆効果となることが多いため、逆を突いてみる作戦を試してみましょう。

中毒(依存)になっていると、そのことを禁止されればされるほど、そのことが気になって仕方なくなるという心理が働きます。視聴時間を制限してもYouTubeを見るのをやめられないという場合は、「宿題はやらなくてもいいしご飯も食べなくてもいいから、ずっとYouTubeを見ていなさい」と言うなど、諦めてみたら自然と長時間視聴をやめさせることができた、という人もいました。

そのほか、心理学を使ったYouTube中毒脱却法として、スマホやタブレットを目につく場所に置かない、夜に視聴させない、YouTubeを見ている子どもの前に鏡を置く、自動再生機能はOFFに設定、チャンネル登録をさせない、検索履歴をこまめに消す、といった方法も有効のようです。

中毒、依存症は、自分の意志でやめられないから中毒、と呼びます。子ども自身も、どうしてやめられないんだろう…と悩んでいるなら、結構ストレスを抱えているのだと理解してあげましょう。自分の意志でどうにもできないということは、脳の神経伝達の問題に関わることです。「どうしてやめられないの?」と責められると、子どもは傷ついてしまいます。できることから少しずつ、焦らず、脳の神経回路を修正するには時間がかかるということを念頭に置きながら、対策を試していってください。

まとめ

アンデシュ・ハンセン氏の著書『スマホ脳』の冒頭にも書かれている話で、iPhoneなどの開発で有名なスティーブ・ジョブズ氏ほか、IT関連会社のトップは、自分の子どもにはスマホやタブレットを所有させなかったと言われています。それらのデジタルデバイスが人の心を掴む要素があると確信し、さらには中毒性があると分かっていながら、むしろそれを意識して開発に携わっていたとすれば納得ができます。

しかし、現代社会を快適に生きるため、スマホやPCなどのデジタルデバイスの利用は避けられない状況です。使い過ぎは良くありませんが、上手に利用することは悪い事ではありません。YouTube動画も見過ぎを避けながら、教育系コンテンツを利用して言葉を覚えたり、社会のルールを学んだり、正しい知識を得たりというメリットはたくさん受けられます。中毒や依存が起こるときというのは、自分自身の心に寂しさがあったり、解決していない問題があったりするもの。YouTubeに子どもが依存しているのではと感じたときは、自分にそのような問題がないか振り返ってみるのが、親としての責任なのかもしれません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る