赤ちゃんを地震から守ろう!家の地震対策や避難所での心構えをご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

地震では、たくさんのモノが落下・転倒する場合があります。

大人でさえ逃げ惑うのに、まだ自由に体を動かせない赤ちゃんにとっては2倍3倍も危険!

地震の発生を抑えることはできませんが、地震が起きてもダメージを最小限におさえられるよう工夫することはできます。

普段から室内の地震対策を徹底して、万が一の事態でも安全な空間をキープしましょう。

また、避難所に移動する際の心構えや、避難所のメリット・デメリットなども紹介します。

家の安全が保障できなければ、赤ちゃんの命を守るために避難所もぜひご検討くださいね。

家の地震対策の基本

家の中にはたくさんのモノが置いてあります。

家具もインテリアも窓も、万が一のときには凶器となりかねないので要注意!

しかし、少しの工夫でリスクは大幅に削減できます。

赤ちゃんのいる場所に危険なものを置かない

赤ちゃんは、普段ベビーベッドや布団で過ごしていることでしょう。

その「赤ちゃんのいるスペース」に、転倒や落下の危険があるものは置いていますか?

照明やインテリアはもちろん、本棚なども中身が飛び出すことがあるので注意が必要です。

扉がついたものは、中身が出てこないようベビーガードを取り付けておきましょう。ベビーガードは100円均一でも入手できます。赤ちゃんが自由に動ける月齢になったとき、いたずら防止にも役立ちますよ。

また、窓ガラスに近い場所も危険です。ガラスが割れたら赤ちゃんが怪我をしかねないので、ガラスに飛散防止シートを貼り付けておくか、ベビーベッドそのものを移動しておきましょう。

どんな家具も転倒対策を

ずりばいなどが出来るようになった赤ちゃんは、家の中を探検することも多いです。

たとえば、冷蔵庫の前にいるときに地震が起きて冷蔵庫が倒れてきた……となっては大変危険なので、上面や側面に転倒防止のストッパーを取り付けておきましょう。

また、小型テレビやガラス小物など比較的小さめのインテリアでも、落下・転倒したら危険です。耐震ジェルや粘着マットなどで、土台にくっつけておきましょう。これも100円均一で入手できます。

地震の状況によっては避難所へ

地震の規模や家・周囲の状態によっては、自宅避難よりも避難所に移動したほうが安全なケースもあります。

でも、赤ちゃん連れの避難所生活って心配ですよね。

実際のところ、どうなのでしょうか? 2016年の熊本地震の際に、赤ちゃん連れで避難所生活を送った方の声をご紹介します。

避難所生活について詳しく知り、万が一の事態に的確な対処をしましょう。

赤ちゃん連れで避難所へ行くメリット

・赤ちゃんが避難民たちの「癒し」になる

避難所にいる方々は、誰もが同じ災害を経験しています。

皆が不安の渦中にある中、ぷくぷくとかわいい赤ちゃんが来たら、それだけで避難民たちの癒しになるでしょう。

熊本地震では甚大な被害が出ましたが、大変な状況でありながらも「かわいい」と赤ちゃんに関わってくれる方も多く、パパママはとてもうれしかったそうです。

・同じ境遇の家庭と交流が持てる

「赤ちゃんを連れて避難所に行っても良いものか……」と悩むご家族は少なくありません。悩みながらも、安全を考えて自宅避難より避難所を選ぶ方もいるでしょう。

赤ちゃん連れで避難所に来る家族は、ほとんど同じような気持ちでいます。

普段関わることがなかった家族とも交流が持てるので、心配事を伝えあったり、悩みを吐きだしたりして心のケアができるでしょう。

また、「これ使いますか?」など赤ちゃん用品の貸し借りができるというメリットもありますよ。

赤ちゃん連れで避難所へ行くデメリット

・泣き声などで周囲に気を遣う

赤ちゃんは、どうしても泣いたりグズったりするものです。

月齢が低いほど昼夜の区別がついていないことが多いので、深夜に泣き出すことも珍しくないでしょう。

自宅であればその場で抱っこできるものの、避難所だとそうはいきません。

皆の迷惑にならないようにと、その都度外に出て、外で寝かしつけるということを繰り返すご家族は多いようです。

・トラブルになるケースもある

慣れない避難所生活では、誰もが多かれ少なかれストレスを抱えています。

さらに「子どもが好きな人」「子どもが好きではない人」など様々な人たちと同じ空間で過ごすため、悲しいことにトラブルが起こるケースも稀にあるようです。

避難所によっては赤ちゃん連れの方に別対応をするところも

熊本地震では、赤ちゃんを抱えるご家族に対して別スペースを設けた避難所もありました。

ただ、熊本県にとって大きな地震は想定外だったようで、「要配慮者への特段の準備はしていなかった」という自治体がほとんどです。

東日本大震災、北海道地震、熊本地震など、数々の大きな地震を経て、避難所の対応も良い方向に変わりつつあります。実際に避難所生活を送った方の声などを踏まえ、今後ますます赤ちゃん連れのご家族にやさしい対策がすすめられることでしょう。

赤ちゃんを抱えるパパママはなかなか自由な時間が取りにくいですが、少しの空き時間に、避難所の活動に積極的に関わるようにすると避難民たちとの良い関係が築けます。たとえば避難所の中にはトイレ掃除のボランティアを受け付けているところもありましたが、赤ちゃん連れのママは、赤ちゃんが寝た後に毎日参加していたそうです。

「赤ちゃんがいてすみません……」と後ろ向きの気持ちではなく、「赤ちゃんがいますが迷惑にならないよう頑張ります!」と積極的な姿勢を見せることが、避難所生活をスムーズに過ごすポイントといえるでしょう。

まとめ

赤ちゃんを地震から守るためには、室内の地震対策に加えて、万が一のときには避難所へ移動することが大切です。

赤ちゃんを守れるのは、パパママしかいません。

地震を想定して、日ごろから万全の対策をしておきましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る