子どもを預けていた保育園が臨時休園に!どうしたらいい?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

幼い子どもがいながら働けるのは、「保育園」という預かり場所があればこそ。

しかしコロナウィルスの猛威により、「園児が感染した」「職員に濃厚接触者が出た」など、臨時休園のリスクとは常に隣り合わせです。

保育園が臨時休園になったら、保護者は仕事を休まなければなりません。

職場に迷惑をかけてしまうことはもちろん、仕事ができなければ収入も減ってしまいます……。

突然の休園にあわてないためにも、今のうちに「万が一」の対策を知っておきましょう。

臨時休園の流れから、休園中の助成金、お子さまの預かり制度まで詳しく解説します。

保育園でコロナが出たら、どんな流れになる?

園児・職員すべて含めて、1人でもコロナの疑いがあれば、クラスター防止のために臨時休園をしなければなりません。

コロナ陽性や濃厚接触者が判明したら、保護者への連絡ルートは以下のようになります。

(※園や状況によって多少の違いがあります)

・保育園より一斉送信メールを受信(1回目)

⇒『本日、当園の園児の保保護者がコロナに感染したとの連絡がありました。園児含め濃厚接触者の疑いがあるので、明日より臨時で一斉休園とさせていただきます』などの文面で、名前やクラスなど個人の特定はせずに公表されます。

保育園より一斉送信メールを受信(2回目)

⇒数時間後、第2報のメールを送信することがほとんどです。

第2報では、園の今後の対応がつづられます。

『〇日に保健所の調査を受け、同時に園内の消毒も実施します。登園再開の日にちは現在のところ未定です。決まり次第、あらためてご連絡いたします』

「園の状況と対応」は周知するものの、この時点で園児や保護者は外出を控えたほうが良いのかPCR検査を受けたほうが良いのかなど、休園中の行動は指示をされないケースが多いようです。

保育園より一斉送信メールを受信(3回目)

⇒『保健所からの指示で、濃厚接触者にはPCR検査を受けた後に自宅待機するよう要請しました。該当となる家庭には個別に連絡済みです。保育園は〇日から再開します。なお、休園中の保育料は免除となります』

一度は園全体を休園にするものの、濃厚接触者だけを対象に個別の指示がおこなわれることがほとんどです。

無症状感染者も多いので、体調に異変がなくても、休園期間中は全員自宅待機を基本にしましょう。

・登園再開

臨時休園が終わり、いよいよ登園が再開します。

しかし、濃厚接触が疑われる園児や職員は引き続き自宅待機となるため、園全体の人数は少なめに。

また、登園再開からしばらくの間は、希望者のみ短縮保育を受け付ける保育園も目立ちます。なお給食の提供がなくなるため、正規の時間まで預かってもらっても、お弁当や水筒は各家庭で用意することになります。

臨時休園中の助成制度

保育園が臨時休園になったら、仕事に行けなくなるのでそれだけ収入が下がってしまいます。

しかし臨時休園で悩むご家庭のために、きちんと手当はあるのでご安心ください。

厚生労働省からは、「臨時休業した小学校や特別支援学校、幼稚園、保育所、認定こども園などに通う子どもを世話するために企業を休んだら助成金を支給」とされています。

正規雇用・非正規雇用は問いません。臨時休園に対応するために有給休暇を使ったら、1日あたり最大15,000円の助成を受けられるのです。

対象期間は、令和2年2月27日から令和3年3月31日まで。(※感染拡大状況により、今後期間や助成金額に変動があるかもしれません)

それぞれ申請期限が決まっているので、漏れのないように確実に手続きをしましょう。(※令和2年10月1日~12月31日までの休暇取得分については、令和3年3月31日が申請期限です。令和3年1月1日~3月31日までの休暇取得分については、令和3年6月30日まで)

仕事が休めない方への預かり制度

臨時休園や短縮保育。テレワークができれば一番良いのですが、職種によっては「出勤が必要。でもそんな急には休めない!」なんて困ることもあるでしょう。

仕事が休めない方のための預かり制度はいくつかあるので、ぜひ参考にしてください。

なお預け先によって判断が異なるので、万が一のクラスターを防止するためにも「自分も子どもも体調に異変はないが、コロナの影響で普段預けている保育園が臨時休園になった」と正直に伝えておくことをおすすめします。

一時預かり保育

保育園や幼稚園では、在園児だけではなく、外部のお子さまの一時預かりをおこなっているところもあります。

「平日〇時まで」「土日も対応」など利用時間も様々なので、仕事のシフトと照らし合わせてご検討ください。

ファミリーサポートセンター

登録しているシッターの家にお子さんを預ける制度です。

ほとんどは地域が近い方なので、送迎の手間も少なく済むのが助かりますね。

なお、利用には事前登録が必要です。

ベビーシッター

自宅にシッターを呼ぶサービスです。

ファミリーサポートセンターとは異なり自宅で完結するので、送迎の手間がまるごと削減されます。

お子さまの様子を逐一確認できるので、テレワークなどの在宅仕事には特におすすめです。

まとめ

コロナウィルスの猛威は依然として衰えません。

企業に勤めている方は、突然の臨時休園に戸惑うことも多いでしょう。

しかし臨時休園でも、申請すれば助成金が受け取れます。また休園中の預かり制度もいくつかあるので、様々なサービスを活用しながら「仕事」と「育児」を両立させていきましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る