改めて見直そう 家庭内の感染予防対策

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

外出自粛が求められている昨今、家庭内でコロナウィルスに感染するケースが目立っています。

特に無症状患者だと、感染しても普通に生活していることが多いため、気付いたときには家族全員が感染……ということも。

外出先での対策はもちろん大切ですが、家庭内でも十分な感染予防対策をしましょう。

家族一人ひとりの心掛けが、家族を守ります。

消毒の徹底

外から戻ったら、手洗いとうがいは基本です。

手洗いは、石けんで十分に泡を立てて30秒以上。このとき、顔も洗うとなお良いでしょう。

手がきれいになったら、アルコール消毒です。アルコールスプレーやジェルを、15秒以上かけて手に擦り込んでください。爪の間や指の股など、洗いにくい箇所は特に念入りに。仕上げに手首までアルコールを擦り込めば、クリーンな手の完成です。

なお、トイレの後でも同じです。水洗いだけではなくて、泡での手洗いとアルコール消毒もおこなうようにしましょう。

着替え

コロナウィルスをはじめ、インフルエンザなどの各種ウィルスは目に見えません。

街のどこにウィルスがいるかわからないため、いつの間にか衣服にウィルスが付着していることも少なくないのです。

帰宅しても同じ衣服のまま過ごしていると、空気中にウィルスが飛散しかねません。

ぜひ、帰宅後の着替えを日課にしてください。

着用していた衣服は、すべて洗濯機に投入。その場で洗濯機をまわせば、洗剤や水がウィルスをきれいに洗い流してくれます。

できれば、玄関を出る前に、脱衣所に着替えを用意しておくとスムーズです。

すぐに着替えられる環境を整えて、玄関⇒洗面所⇒脱衣所 のルートを定着させましょう。

マスクの廃棄

マスクは、ウィルスをバリアしてくれる重要なアイテムです。

その分、マスクの表面にはたくさんのウィルスが付着しているのでご注意ください。

帰宅したらすぐにマスクを廃棄したいところですが、廃棄の手順にはルールがあります。

まず、マスクを外すときはゴム紐の部分を持ってください。

決してマスクの表面に触れないよう、上手に外してくださいね。

外したマスクは、密封できるゴミ袋に入れて廃棄しましょう。

ゴミ箱にそのまま捨てるのは厳禁です。ウィルスが付着している恐れがあるので、部屋に蔓延させないよう、個別に密封してから捨ててください。

除菌の徹底

外から持ち帰ってきたもの、あるいは普段使っているもの……

ウィルスは、どこに潜んでいるか分かりません。

「ウィルスを持ち込まない」を意識しつつ、日ごろ使っているアイテムにも意識を配りましょう。

食品類

スーパーから買ってきたものを、普段どうしていますか?

「パッケージごと冷蔵庫に入れる」「箱ごと常温保管する」など、買ったままの状態を保持しているご家庭は少なくないでしょう。

家庭内の感染予防対策のためには、買ったものを保管する前にひと工夫。

パッケージや箱は捨てて、まずは中身だけ取り出してください。

鮮魚やお肉などはタッパーに入れて、野菜類なら新聞紙やラップに包むなど、「表面」を覆っていたものを廃棄するのがポイントです。

店頭に並んでいる段階では、商品はたくさんの人の手に触れています。

不特定多数の方が触っていることはもちろん、空気中のウィルスが付着している可能性もあるので、自宅に戻ったら表面のものは捨てて中身だけを管理しましょう。

子どものおもちゃ

子どもはおもちゃが大好き。

あれこれ出して、時には複数のおもちゃと組み合わせながら楽しむことも。

触ることはもちろんですが、赤ちゃんだとおもちゃを口に入れたり舐めたりと、ヒヤヒヤすることも多いのではないでしょうか?

いつも使うおもちゃだからこそ、「安心できるモノ」へと変えてあげましょう!

コロナ禍の現在、赤ちゃんがいるご家庭にも使える除菌グッズがいくつも市販されています。

たとえばノンアルコールタイプの除菌シートや、食品原料を主成分にしたスプレーなど。

子どものためといっても、毎日「触らないで!!」と必死になるのは親も子も疲れてしまいますよね。安心な成分でつくられた除菌グッズを活用して、お子さまの遊びをゆったり見守ってあげましょう。

掃除の徹底

家庭内の感染予防対策には、掃除を徹底することもポイントです。

上下左右すべてを念入りにおこなう必要はなく、要点を絞って掃除するだけでも十分な効果が得られます。

注目すべきは、「飛沫が飛びやすい場所」「ホコリが集まりやすい場所」。

洗面所やテーブルなどは飛沫が飛びやすいので、こまめに掃除をしてください。

またホコリも要注意です。ウィルスは、ホコリと混ざることで部屋中に舞います。カーペットや部屋の隅など、ホコリが集まりやすい場所はいつもより念入りに掃除しましょう。

ドアノブや取っ手など共用部分も、除菌シートなどで定期的に清掃するよう心掛けましょう。

なお、室内に掃除機をかけるときは窓を閉めてください。

窓を開けた状態で掃除をすると、ウィルスもホコリも舞い上がってしまいます。

掃除機をすべてかけ終えたら、窓を開けて十分に換気してくださいね。

家庭内の感染予防対策に、便利なグッズとは?

家庭内感染を予防するには、うがいや手洗いなど基本的な予防対策はもちろん、グッズを活用するのもおすすめです。

たとえば食品にもかけられる除菌スプレーや、赤ちゃんのいる家庭にも安心な除菌シートなど。衣食住の基本となる場所だからこそ、安心して使えるものを選びたいですね。

また、手すりや照明スイッチなどの消毒には、塩素系漂白剤が効果的といわれています。水拭きだけでも悪くはありませんが、さらに除菌効果を求めるなら、濃度0.05%まで薄めた塩素系漂白剤を雑巾に含ませて使いましょう。

ただ、金属製のものに使うと劣化することがあるので、木製やプラスチック製のものだけに使ってください。十分な換気もどうぞお忘れなく。

まとめ

家庭内感染が目立っている現在、外出先はもちろん、家にいても感染対策が必須です。

どれも難しいことではないので、今日すぐに実践できるでしょう。

家庭内の感染予防対策を正しい方法でおこない、大切な家族をウィルスから守りましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る