もしも親がコロナになってしまったら?備えておくべきこと

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

親がコロナに感染したら、同じ家で過ごす他の家族にも感染させてしまうかもしれません……。

パートナーやお子さまを守るためにも、親がコロナになったときの対応について知っておきましょう。

親がコロナに感染し、自宅療養になったら…

コロナに感染したすべての人が、重篤な症状になるとは限りません。

PCR検査は陽性でも、無症状や軽症の方も多いのです。

少し前までは、症状が軽い方のために自治体が専用の施設を用意していました。陽性で無症状や軽症の方は、指定された施設に寝泊まりしながら回復を待っていたのです。

しかし医療崩壊が懸念される現在では、宿泊施設か自宅療養かを選べるようになりました。

もし自宅療養をするなら、感染者は「うつさない」、無感染者は「うつらない」を意識しながら生活しましょう。

ドアノブや取っ手など、誰もが触る共用部分は、使用後常に消毒。こまめなうがいや手洗いも必須です。また、寒くても定期的に換気してください。食事は別々に摂り、食事以外のすべての時間はマスクを着用することをおすすめします。

なお、マスクは定期的に廃棄してください。マスクの表面には手を触れず、ゴムひもを持って裏返すように捨てます。マスクを捨てたゴミ袋は密封し、手洗いやアルコール消毒もお忘れなく。

生活スペースの区切り方

家族に感染させないためには、生活スペースを分けて過ごすことが大切です。

感染者はできる限り、他の同居者と部屋を分けて過ごしてください。

感染者は、「部屋から出ない」が基本です。行動を制限し、人との接触も削減すれば、ウィルスによる飛沫感染のリスクは格段に少なくなります。

もし部屋を分けられない場合は、カーテンや仕切りを設置して、少しでも飛沫の飛散を抑えましょう。スペースに余裕がある場合は、感染者と非感染者で2m以上の距離を開けるとさらに良いです。

寝る時も別室が理想ですが、どうしても同じ部屋で眠らなければならないときは「枕の位置」を工夫しましょう。同じ向きで寝るのではなく、互い違いのように向きを正反対にして眠れば、感染者の顔から距離が取れます。

また、風呂場やトイレなど、どうしても共有スペースを使わなければいけない時もあるでしょう。感染者は、共有スペースには「長く居ない」ようにしましょう。使い終わった後は、窓を開けっぱなしにするなど換気を十分におこなってください。

自宅療養では、呼吸数と酸素量に注意…あったほうがいいもの紹介

自宅で療養していても、日が経つにつれて症状が悪化するケースは少なくありません。

時には入院が必要なほど重篤な症状になることもあり、医師がすぐ横にいない分、客観的なデータによる自己判断が不可欠です。

自宅療養では、自覚症状はもちろんですが、呼吸数と酸素量に注意しましょう。

パルスオキシメーターを使えば、指先にはさむだけで動脈の中の酸素量を診断できます。

酸素飽和度が96%以上をキープしていれば軽症と判定されますが、96%以下だと要注意。呼吸不全が併発しているかどうかで、入院の有無が決まります。

たとえば福岡県北九州市は、自宅療養者全員にパルスオキシメーターを無償で貸し出すと発表しています。このように地域によって自宅療養者のための工夫が様々におこなわれているので、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。

他にも、体温計、使い捨てマスク、使い捨て手袋、アルコール除菌スプレーなどの衛生用品をはじめ、

缶詰やスポーツ飲料、ゼリー状栄養機能食品、インスタント食品などもあれば便利です。

子どもにうつさないための方法

子どもはコロナ感染のリスクが低いですが、それでも同じ空間で生活を共にしていたら、感染する恐れもゼロとはいえません。

大切な子どもを守るためには、心を鬼にして「衣食住」を分けることが大切です。

感染者は、可能な限り別室にこもり、食事も部屋で摂るのが望ましいです。とにかく触れ合わないことが最優先なので、「しばらく顔を見ていない」と思われるくらいに隔離した生活を送りましょう。

ただ、理由はきちんと話してください。

子どもはパパママが大好き。大好きな相手から突然「こっちに来ちゃダメ」と言われたら、悲しくなってしまいます……。

「私は感染したから、治るまでは別の部屋で過ごすの。あなたが感染して苦しんだら私も悲しいから、大切なあなたを守るために、しばらくの間別々に過ごそうね」のように、ちゃんと説明してあげてくださいね。

ドアは開けられなくても、声での会話ならできます。

たとえばパパのスマートフォンを借りて1階と2階で会話をしたり、ドア越しの糸電話に挑戦してみたり。この機会ならではの楽しみを見つけて、家族でコロナを乗り切ってください!

子どもを預けられる託児所があるか

自宅療養といっても、家にいる限り避けられないのが子どものお世話。

「もし感染させたら……」と、感染者は毎日気が気ではないでしょう。

もし親がコロナに感染したら、お子さまを託児所に預ける方法もあります。

他にもベビーシッターやファミリーサポートに頼む方法もありますが、お子さまは濃厚接触者として扱われる可能性が高いので、利用の前には自分(親)がコロナに感染して自宅療養をしていることを伝えましょう。

たとえば東京都では、子どもの預け先がない家庭に対し、「一時保護」として様々な政策を出しています。たとえば自治体と児童相談所が連携して預かったり、小児病棟のある医療機関で預かったり。

自治体によって異なるので、まずは相談してみてくださいね。

まとめ

親がコロナになってしまったら、「家族に感染させたくない」と焦ってしまいますよね。

まして自宅療養だと、共有スペースを使用しなければならないこともあり、ますます一挙一動に気を遣ってしまうことでしょう。

しかし、ポイントを押さえながら生活をすれば、感染のリスクは格段に抑えられます。

同居の家族の協力も不可欠なので、理解を得ながら、家族一丸となりポジティブに乗り越えていきましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る