「素材」と「使いやすさ」にこだわる、人気のベビー食器5選

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000px-200_01.jpg

赤ちゃん用の食器を選ぶなら、離乳食の初期からキッズの頃まで使えて、安全性にも配慮した食器を選びたいですね。

そこで、素材と使いやすさにこだわった、人気のベビー食器5選をご紹介しましょう!

「10mois mamamanma(マママンマ) プレートセット」

ごはんがすくいやすい雲形のプレートが人気

もくもくした雲の形が、とても可愛いプレート 

もくもくした雲の形のとても可愛いのが、「10mois mamamanma(マママンマ) プレートセット」です。

この雲の形、実はデザイン性だけでなく、どこからすくっても食べやすいように考え抜かれた形なんです。

ママが食べさせやすいのはもちろん、お子さんが自分ですくって食べようとしたときもヒュッと上手にすくえるので、食器を使って食べることに早く慣れるでしょう。

素材はバイオマスプラスチックでできていて、原料の約52%が竹という、環境にやさしい製品です。竹には細菌を抑制する効果があるので、ベビー食器にピッタリ! 電子レンジや食洗機の使用もOKです。

出典元:Brilliant Baby ブリベビ/株式会社SevenColors’Dream

「10mois mamamanma(マママンマ) プレートセット」

「NUPPU (ヌップ)ベビーシリーズ」

人生で最初に出会う器だから、本当に良いものを

シンプルな形で、飽きずに長く使える陶器の食器

子どもの食器というと、プラスチックが圧倒的に多い中、陶器のシンプルな器にこだわっているのが「NUPPU(ヌップ)」のベビーシリーズです。

NUPPはフィンランドのヘルシンキを拠点に活動するマイヤ・プオスカリが、自身の育児体験をもとにデザインしたプロダクトブランドで、「子どもが人生で最初に触れる器だからこそ、長くずっと使えるものを」という思いを込めて作りました。

素材は安心の天然素材で、波佐見焼の伝統と技術を活かし、一つひとつ丁寧に焼き上げられています。丸みのある優しいラインはとても上品で、口触りも温かみがあり、ずっと使い続けたくなるテーブルウェアです。

使い捨てが当たり前になってしまった時代にあって、幼い頃から食器を大切に使い続けることで、お子さんも物を大切にすることの意味を実感することができるでしょう。

出典元:NUPPU/東京西海株式会社

「NUPPU (ヌップ)ベビーシリーズ」

「こぼしにくい器」

赤ちゃんの頃から、食を通して本物の良さを実感

漆のふっくらと柔らかい色艶が魅力的

NUPが「陶器」の良さを伝える食器なら、こちらは日本の伝統工芸「漆塗り」の良さを肌で感じられる、木の食器です。

秋田県にある川連漆器の「こぼしにくい器」は、漆のふっくらと柔らかい色艶が魅力的な、幼児向けの食器。

上手にすくえる秘密は、器の内側にある“返し”にあります。柔らかいおかゆや、こまかく刻んだお野菜をスプーンですくうときも、この“返し”があることで上手にすくうことができるでしょう。

素材は国産のブナの木。職人さんの手仕事で、一つずつ丁寧にカタチを整えていきます。自然が生み出した木目は、一つひとつまったく違うので、世界にひとつしかない「オンリーワン」の食器が持てるのも嬉しい点です。

木の漆器はとても軽く、熱が直接手に伝わりづらいという特徴があり、たとえ落としても割れません。漆が剥げてきたら、また塗り直して長く使えるので、大切にしながらずっと使い続けることができる“一生もの”の食器です。

出典元:aeru shop/株式会社aeru

「こぼしにくい器」

「BABYBJORN (ベビービョルン)ベビーディナーセット」

子どもの遊び食べ防止への配慮が万全

テーブルの上にしっかりと安定するベビープレート

「BABYBJORN (ベビービョルン)」も、使いやすさという点でとてもおすすめのベビー食器です。たとえばベビープレートは、子どもがプレートの縁をたたいたり押したりしてもひっくり返らないよう、傾斜がついています。

また、プレートの縁は子どもが握りにくくなっているので、ひっくり返したり投げたりしにくいデザインになっています。さらに底の縁にはゴムが付いていて、テーブルから滑り落ちるのを防いでくれるなど、さまざまな配慮がされています。

「遊び食べをするので、ごはんを食べさせるのにひと苦労する」というようなご家庭には、イチ押しのベビー食器といえるでしょう。シンプルで可愛いデザインも、人気を集めています。

出典元:BABYBJORN (ベビービョルン)/ベビービョルン株式会社

「BABYBJORN (ベビービョルン)ベビーディナーセット」

「コンビ はじめて離乳食 かさなる食器 収納じょ~ず」

ベビー食器をコンパクトに収納できる

重ねてスッキリと収納でき、かさばらないのが魅力

ベビー食器にはさまざまな形状のものがあるので、食器棚に収納しようとすると、意外にかさばってしまうことが多いものです。

「できるだけスッキリと収納したい」というママにおすすめなのが、コンビの「はじめて離乳食 かさなる食器 収納じょ~ず」です。

4つのベビー食器を重ねてスッキリと収納できるので、食器棚に並んでいる大人の食器の横に、さり気なく置くことができるでしょう。

出典元:コンビ株式会社

「コンビ はじめて離乳食 かさなる食器 収納じょ~ず」

まとめ

素材と使いやすさにこだわったベビー食器についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

竹や陶器を使った食器から、食べやすさへの工夫がいっぱいの食器、食器棚に収納しやすい食器まで、メーカーによってさまざまな特徴があることが、おわかりいただけたかと思います。

「子どもにとって何が一番大切か?」を考えながら、用途や嗜好にピッタリのものを選びたいですね!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1000-200px_02.jpg

関連記事

バナー1

バナー

ぬりえバナー

ぬりえバナー
ページ上部へ戻る